So-net無料ブログ作成
検索選択

舛添氏がみんなの党を批判 渡辺氏も反論(産経新聞)

 新党改革の舛添要一代表は12日のBS番組で、みんなの党について「『第二民主党』という論文を書く人もいた。渡辺喜美代表との決定的な違いは、自分の敵のナンバーワンは小沢一郎民主党幹事長だ。渡辺氏はそう思っていないから、小沢氏と組める」と批判した。また「みんなの党は役人たたきが前面に出過ぎている。役人はよく使いこなさなくてはいけない」とも述べた。

 これに対し渡辺氏は、12日夕の記者会見で「民主党とはアジェンダ(政策課題)が相当違う。安易な連立の組み替えに応じない。舛添氏も、こういう『覚悟の集団』を学んでほしい」と反論した。

【関連記事】
舛添カレッジ、離党後も継続を確認
舛添氏提案の“野合”には乗らず
舛添代表「消費税10%以上がトレンドだ」
みんなの党、東京選挙区にタリーズ設立者、松田公太氏を擁立
「民から官へ」の逆行許すな 仕分け、内容伴わず
少子化を止めろ!

「常勤医いない…」テレビで窮状知り、免許ないのに手助け志願(産経新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)
京葉線で人身事故、2万9千人に影響(産経新聞)


2010-05-13 06:41  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。